ヒアルロン酸は1gに6リットルの水を保持できる!

保水力の高さが特徴の成分

肌の乾燥改善に有効な成分のひとつが、ヒアルロン酸です。眼球の硝子体や関節、肌の真皮の層など人の体内にも多く存在する成分ですが、その量は年齢と共に減少していきます。そんなヒアルロン酸の特徴のひとつが、1グラムの中に6リットルもの水を溜め込むという保水力の高さです。肌に塗れば、手軽に潤いを取り戻すことができると様々な化粧品に配合されています。ただ、外側から成分を補っても真皮の層のヒアルロン酸が増える訳ではありません。一時的に肌に水分を溜め込む働きのみで、成分が蒸発をすれば効果も失われます。そのため、肌自体を潤いやすい状態に変える効果はありませんが、手軽に肌に潤いを取り戻したい時などはヒアルロン酸の活用が有効です。

分子の大きさと持続力

ヒアルロン酸が配合された化粧水などを始める時に確認しておきたいのが、分子の大きさです。分子が小さなヒアルロン酸は、肌の奥までしっかりと浸透していきます。ただ、分子が小さければその分持続力が弱くなってしまうので、潤いが長続きしません。それに対して、分子が大きなヒアルロン酸は肌の表面で留まりますが、持続力が高く長く潤いが続きます。美容成分は肌の奥まで浸透する方が高い効果を期待できるというイメージがありますが、ヒアルロン酸の場合は浸透力だけを見て選ぶのではなく目的に合わせて選ぶことが大切です。浸透力だけでなく持続力も期待するのであれば、分子の大きさが異なる複数のヒアルロン酸が配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。